1日前に投稿
4gifs:

Go away kid I’m trying to be fabulous. [video]

4gifs:

Go away kid I’m trying to be fabulous. [video]

(出典: ForGIFs.com)

1日前に投稿

goldkin:

tectonicvixen:

*squeak*

Someone left the fox machine running again. No, please don’t fix it.

1日前に投稿

studioghibligifs:

Studio Ghibli + Food

1日前に投稿
無知だとすぐ最初に出合った情報に染まってしまいます
5日前に投稿
1週間前に投稿

seventieth:

ca-tsuka:

From Aoi Honoo (Blue Blaze) japanese drama TV series based on manga by Kazuhiko Shimamoto and featuring Hideaki Anno as student (gif sources : 1 2 3).

i’m fucking ready

1週間前に投稿

いまどきブルマーで体育してる学校は無い。そんなことはわかってる。わかってるんだけど!!!…それでも私はブルマーを描く。

ていうか以前、ブルマーをやめてトレパン?を描いたらさ、ネットで「岡野剛も終わったな」みたいなこと書かれたことがあってさ…

そんなこともあって、ここ十数年ぐらいはネットで自分や自分の作品に関する話題は、基本的に見てません。人から言われて、「えっ?そんな噂が?」ってなるくらいで。

無印のぬ〜べ〜描いてる頃から、すでにブルマーは絶滅危惧種でした。しかしあの作品は作者である自分らの小学生時代を描いてる部分もあったので、あえてそのままにしてたのです。しかしNEOを描くにあたっては、さすがに無理があるだろうなあと。もうね、かなり悩んだんですよ。

2話目でほんのちょっとだけ体操服姿を描いてるんだけど、最初今風の膝くらいまであるトレパンで描いたら、なんか違和感があって。私の絵柄がレトロなせいかもしれないけど、やっぱりブルマーの方が似合うんですよね。

そんなわけでブルマーに描き直したんだけど、そしたらアシさんたちが、「大丈夫なんですか!?本当にいいんですか!?」ってやけに心配してしまって。たかがブルマーでなんでこんな大騒ぎしなけりゃならんのかと。

たかがブルマー、されどブルマー。

とにかく、私の絵柄にはブルマーの方が似合うから、ということで。リアリティよりも見た目優先でいくから!と。

いずれにしても、二次元限定の話です。私らの世代にとって、ブルマーは単なる学校で使う体操着であり、それ以上でも以下でもないのです。スカートめくりしてブルマーはいてたときのガッカリ感といったらなかったし。懐かしさは、ありますけどね。

…なんか、ブルマーについて長々と語ってしまいました。次回はスク水について。(嘘です)

私が初めていわゆる「規制」を受けたのは、ぬ〜べ〜の「てけてけ」の回。鎖に巻かれた女の子のティクビを描いたら、担当にすっげー怒られて…「え、描いちゃいけないの?」ってびっくりしたものでした。私が子供の頃に読んでたマンガでは、児童誌ですら普通に描いてあったから…

だからその後は描かないようにしてたのだけど、「子育て幽霊」のとき、赤ちゃんに授乳するシーンがあったので、これはティクビ描かないわけにはいかないだろうと思って描いたら、消されました。え、授乳ってエッチな行為だったんだ…と認識を新たにした瞬間でした。

そうそう、その前に「バク」の話で、男のモノなら別に描いてもいいだろうと思って描いたら、編集長にものすごく怒られて、編集部に呼び出されて修正させられました。校長先生に怒られた悪ガキの気分でした。お願いだから、何が良くって何がダメなのか、一覧表にして下さいよ…って思いましたね。

とりあえず局部はダメ、ということがわかったので、それからはジャンプマークを貼るようにしました。これに関しては、全く文句を言われませんでした。それどころか、すごいアイディアだ!と褒められたくらいで。…今考えるとブランドロゴに対するヒドい冒涜だという気もしますが…

ブランドといえば、商品名に関しても規制が厳しくなりましたね。コミックスの時(90年代)はOKだったのが、文庫版(00年代以降)では修正されたのが何カ所かあります。テトラポット、サンポール、それから、ポルシェ。

特にポルシェに関しては、名称やマークはおろか、形でさえポルシェに見えてはならない、というので、全面的に描き直さねばなりませんでした。結局〆切にまにあわず、急遽収録するエピソードを差し替える事になり…そんなわけで、文庫版ではポルシェとハツカネズミの話が、掲載順序入れ替わってます。

あ、念のため言っておきますが、別にポルシェの会社から苦情が来たから直したってわけじゃありません。そうじゃなくて、もしも苦情が来たら大変だから、って出版社が考えたからです。その他の「規制」もそうですが、全ては転ばぬさきの杖です。あとから苦情が来た日には、そりゃもう大事件ですから!

さらに念のため。私は、出版社がそういう自主規制をする事に否定的なわけじゃないです。それは、作家を守るために、必要な行為だと思うから。私が言いたいのは、世の中の風潮が明らかにどんどん規制強化に向かってるってこと。(出版社はそれに敏感に反応して対応してるだけ)

あと、ちょっと政治的と言うか宗教的な理由での規制もありましたね…まみ先生の描く魔法陣。文庫の初版までと二版以降とで形が変わってます。

そんなわけで、マンガの表現規制の歴史を追ってみると、ここ数十年の日本社会の変化が垣間見れて面白いかもですよ。大学生の皆さん、卒論のテーマにでもしてみては!?

とりあえずぬ〜べ〜のコミックス版、文庫版初版、文庫版2版以降orリミックス版を持ってる人は、読み比べてみると新たな発見があるかもしれない…!(私自身、把握してない修正もあります…)

@wako3776 そのブランドは、ガンダムのプラモでも問題になってましたね。初版は名前を表記してたけど、すぐ「ララァ・スン専用モビルアーマー」に商品名が変更されてしまって、当時話題になったっけ。別に苦情が来たわけではなく、プラモメーカー側の自主規制だったらしいけど。

昨日書いた表現規制に関するツイートに、みなさん思いのほか興味もっていただけたみたいで、おどろいてます。私にとっては20年くらい前の、もう笑い話になってることだったので。

結局、商品として世に流通している漫画は、全て「自主規制」と言う出版社のチェックを受けてるわけで。人によって「やり過ぎだ」と感じたり「なまぬるい」と感じたり様々だろうけど、そういう両極端の意見を排して、時代に応じた中庸の基準を出版社がちゃんと考えて、自主的にやってるんです。

まあ、正直修正された直後とかは頭に来ますけどね、せっかく描いたのに!って。でも後になって冷静に考えたら、仕方ないか、とも思うし。

ちなみに今まで私が受けた最大の規制は、「未確認少年ゲドー」という作品で、見開き2ページ丸々削除!というものでした!「こんな残酷な絵、載せられるか!!」って言われましたよ。

「俺のルールに従って描け!ただし、問題が起きた時は守ってやる!」というA社、「自由に描いていいですよ、ただし全て自己責任で!」というB社があったら、悩んだ末に私はA社を選ぶと思います、チキン野郎なので。

「俺にルールに従って描け!しかも自己責任で!」というC社、「自由に描いていいですよ…と言ったけど、あれは嘘でした」というD社では、描きたくないなあ…

昨日受けた表現規制。「お灸をすえる」という言葉を、「悪人を懲らしめる」意味で使ってはいけないそうです。お灸のイメージが悪くなるって、鍼灸師の人から苦情が来るそうで。漫画関係者の方、参考までに。

使ってはいけない表現の一覧表とか、データベース化すると漫画製作が捗るかな?と思ったけど、ケースバイケースだろうし、がんじがらめになって何も描けなくなりそうな気もする。

昔ながらの慣用句であろうと、それで傷つけられたり不利益を被ったりする人がいるなら、使用を控えるのも仕方ない。でもそれでは語彙が貧しくなる一方だから、新しい表現を創るしかないんだけど、そうすると今度は日本語が乱れてる、とか言いだす人が出てくるので、さてどうすればいいんでしょ?
岡野剛 @Takeshi_Okano 2014-09-06 04:10:17

1週間前に投稿

人間は自分の幸せ不幸せを相対的に感じるように出来ているからです。これは幾多の研究から実証されています。

A:他の人が10万円貰って自分が5万円貰う
B:他の人が1万円貰って自分が3万円貰う

上の例だと人間はBの方が幸せに感じます。不幸についても同じです。

A:他の人が10万円損して、自分が5万円損する
B:他の人が1万円損して、自分が3万円損する

これだと損が多いはずのAの方が幸せを感じます。

このように人の失敗=自分の相対的な満足に繋がるので、人の不幸を笑ったり自分の幸せと感じます。生物として生存するためには相対的に自分の位置を認識することは重要ですので、仕方ない資質だと思います。

1週間前に投稿

grofjardanhazy:

Evolution of the Desk (1980-2014)

gif: grofjardanhazy, original video via Best Reviews

1週間前に投稿

usagi-no-mi:

🍎みんなこれやるよね🍭